口臭効果!なたまめ茶体験談

口臭効果!なたまめ茶体験談

膿出し効果があると聞いてなたまめ茶を飲み始めました。(42歳/女性)

蓄膿症から起こる口臭で悩んでいたのですが、膿を出す効果があると言われているなたまめ茶を飲み始めてから蓄膿症を改善することができ、口の臭いも気にならなくなりました。

 

蓄膿症からくる口臭で悩んでいました

以前から蓄膿症で悩んでいました。
症状がひどいときは耳鼻科で治療を受けていましたが、家事や仕事で忙しいときはゆっくり耳鼻科に行くことができず、市販の治療薬を飲んで症状を抑えていました。

 

蓄膿症がひどくなると鼻がつまり口の臭いが気になるようになります。
鼻がつまると鼻で呼吸ができず口で呼吸になり、口が乾燥しやすくなるので口臭が起こりやすくなると言われています。

 

頻繁にお茶を飲んで口が乾かないように気をつけていたのですがあまり意味がありませんでした。
そんなとき、なたまめ茶には膿を出す効果があることを友人が教えてくれました。

 

なたまめ茶で口臭を改善することができました

なたまめにはカナバニンという成分が含まれています。
カナバニンには、体の中に溜まってしまった膿を出してくれる排膿効果あるので、蓄膿症に効果があると言われています。

 

お茶で本当に蓄膿症が改善できるかな、と半信半疑だったのですが、良いと言われていることはどんなことでも試してみたかったので、富士のなた豆茶を購入して飲み始めました。

 

なたまめ茶は、豆の香ばしい味がして飲みやすかったので、毎日美味しく飲むことができました。
飲み続けていると、鼻の調子が良くなり、口の臭いも気にならなくなってきました。

 

どんななたまめ茶を選べば良い?

なたまめ茶には種類があります。
赤いなたまめからできているのが「赤なたまめ茶」で、白いなたまめからできているのが「白なたまめ茶」です。

 

赤なたまめと白なたまめの効果は大きな差はありません。
日本人の多くは国産なたまめを選ぶ傾向があります。

 

と言うのは、白なたまめは中国産がメインであり、白なたまめを育てる過程が不明確であるため、安心感が欠けると言う点からです。
中国産のなたまめ茶はコストが安いのが特徴ですが、農薬などの心配が大いにあるため手を出す人は少ないです。

 

農薬で栽培されたなた豆には「脳」を刺激する作用があり、農薬を使用して栽培された植物などは脳の機能がくるってしまうと言う内容の事柄が事実あります。
キレやすい、人と話をしたくない、人と会いたくないなどは脳機能の破壊の始まりだとも言われるほど農薬は怖いというイメージが大きいです。

 

農薬は体内に蓄積されるもので、自然に体の外へは出てくれません。
また、今すぐ脳機能が狂うわけでもありません。

 

蓄積された農薬は10年、20年かけてジワジワと体をむしばんでいきます。
健康な体の夫婦に赤ちゃんが生まれた時、奇形であった、脳に障害がある、などの形で表れてきます。

 

経済的な理由なら致し方ないかもしれませんが、将来的なことも考慮するなら原料は100%国産なたまめを選ぶのが得策です。

 

レビューしているサイトなどもありますので、ご参考にしていただければと思います。

 

なたまめ茶の効果は本当にあるのか? 

 

100%国産なた豆茶例

  • 薩摩なた豆爽風茶
  • マイケア薩摩なたまめ茶
  • 富士の赤なたまめ茶

などがあり、いずれも原材料やブレンドしている材料も全て国産品になっています。

 

 

 

よく読まれている記事一覧
  1. 口臭効果!なたまめ茶体験談
  2. 口臭・膿栓改善効果のある「なたまめ茶うがい」の魅力をご紹介!
  3. 安心の国産素材のみをブレンドした「すこやか笑顔の爽風茶」の特徴・効能
  4. 「効果なし」と決めるのはまだ早い!なたまめ茶の正しい選び方
  5. 飲み過ぎで下痢になる?なたまめ茶を飲む際の注意点